2014年8月16日(土)出発 開運「箱根神社」と縁結び「九頭龍神社」ツアー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<「箱根神社でお守りを買いました」>

芦ノ湖畔の元箱根エリアにある箱根神社と九頭龍神社新宮、箱根園エリアにある九頭龍神社本宮をめぐって1日4500円というツアー。エリア間の移動が路線バスや遊覧船を使わずにできるので、乗り継ぎや待ち時間がなく、落ち着いてゆったり参拝できるのがバスツアーの魅力。特急電車やマイカーを利用すれば、運賃や高速料金だけでも5000円を超えるので、料金的にもお得です。

箱根神社は、“関東総鎮守箱根大権現”として源頼朝や徳川家康など多くの武将から崇敬されてきた名社。心願成就、勝負運、開運厄除け、交通安全など幅広いご利益があるといわれています。九頭龍神社は縁結びの神様として人気急上昇中!湖岸奥深くに立つ九頭龍神社の本宮は片道徒歩約30分かかりますが、添乗員の道案内が付くので女性一人の参加でも安心です。

【霧に包まれた荘厳な箱根神社を参拝】

<恋愛運が上がるといわれる龍神水>

満席の47人の参加者を乗せたバスは、新宿を7時45分に出発。ツアー客は8割以上が女性で、20~30代の方が多く、車内は華やかな雰囲気です。関東随一のパワースポットである箱根神社と、縁結びの神様として人気の九頭龍神社の参拝ツアーとあって、良縁を願う女性、全国の神社をめぐっているという男性、パワースポットめぐりが趣味の方やご朱印ガールなど、「神社、大好き」という方々が集まりました。

添乗員から「箱根神社は鎮座1250年を超える名社。美しい女神のコノハナサクヤヒメノミコトなど三神を祀っています」と由緒の説明などを聞くうち、バスは順調に走って10時15分に箱根神社に到着しました。箱根神社の滞在時間は1時間とゆったり。「ご神印の受け付けはバスを降りてすぐ。おみくじと絵馬が買えるのは今日はここだけです」と添乗員から説明があったあと、自由行動に。

杉の大木が茂る境内は厳かな雰囲気です。御本殿の隣には縁結びで名高い九頭龍神社新宮が立ち、その前の龍神水は一際にぎわっていました。龍神水は、“一切の不浄を洗い清める霊水”であり、近年は恋愛運がUPする水といわれて大人気!お札所で持ち帰り用のペットボトル(100円)も販売しています。

【箱根神社境内は見どころがいっぱい】

<源頼朝も祈願したという安産杉>

龍神水の近くには、“幸運の栄木”といわれる安産杉がひっそりと立っています。二股に分かれた大杉を、昔の人たちは健全な母胎に見たて、子孫繁栄や安産を祈願するようになりました。源頼朝と北条正子も祈願したとのこと。健やかなパワーを感じるご栄木も見逃さずにお参りしましょう。

箱根神社の境内には、ほかにも、平安時代に征夷大将軍の坂上田村麻呂が表矢を献納し、武運長久を願ったと伝わる矢立杉、多くの国指定重要文化財を展示した宝物館など見どころがいっぱいです。

箱根神社参拝後は、芦ノ湖畔に移動して11時20分から12時45分まで自由行動に。前もって車内で配布された元箱根の地図には、飲食店や土産店、見どころなどが書き入れられています。参加者はそれを見ながら自由に店を選んで昼食。湖畔の通りには、箱根名物のそばの店や、イタリアン、海鮮丼の店、足湯につかってパンが食べられるベーカリーなど約20軒の飲食店があります。東京都町田市から参加した住谷恵梨さん(29)は「ツアーなのに、昼食を決まった店でなく、自由に選べたのがよかった」と話していました。

【人気の恋愛パワースポット、九頭龍神社の本宮へ】

<静寂の中で手を合わせる>

元箱根から移動して、13時に箱根園に到着。多くの参加者が楽しみにしていたのが、ここから歩く九頭龍神社本宮の参拝です。箱根の九頭龍神社は2社あり、箱根神社境内の新宮は、本宮に参れない人のために造られたもの。芦ノ湖畔の森にひっそりと立つ本宮がいわば本家。本家をお参りすればいっそうご利益がありそうですね。

箱根園から森の中を30分ほど歩いて到着した九頭龍神社は、静寂に包まれていました。水と良縁の神として名高いこの神社は、奈良時代、箱根神社の祖である万巻上人が芦ノ湖の神である九頭龍を調伏させて祀ったと伝わっています。凛とした空気が漂う中で、みんなで静かに手を合わせていました。

【かまぼこからスイーツまでそろう鈴廣かまぼこの里】

<かまぼこを旅のおみやげに>

バスは14時30分に箱根園を出発し、40分ほど走って鈴廣かまぼこの里へ。広い店内では、300種類を超える小田原名物のかまぼこをはじめ、干物、魚のすり身で作ったソーセージ、箱根の名水で作られたゼリーやジャム、雑貨など、さまざまな名産品を販売しています。活気がある店内は市場のよう。

季節の野菜を使った揚げかまぼこもあり、「今日の夕食のおかずに」と購入する参加者の姿も。40分間の滞在時間はあっという間に過ぎてしまいました。

【若い女性が多いツアーは、車内も華やか】

<「ご朱印もいただきました」>

15時50分に出発し、バスは新宿へ向かいます。行程も順調に進み、お土産も買って、車内は満ち足りた雰囲気。感想を聞いてみると、「箱根神社の厳かさは予想以上でした」「車内で由緒の説明があるのもよかった」「ご朱印(ご神印)もいただけて、旅のいい思い出になります」などの声が。全国の神社めぐりをしているという参加者は「バスツアーは目的地を効率よく回れるのでよく利用しますが、滞在時間が短くて残念なことが多い。けれど、このツアーは目的地を絞ったゆったりした行程で、充分に参拝できて満足でした」とのこと。

帰りの高速道路も順調に走行し、予定通り、18時に新宿西口で解散となりました。

◆今回のバスツアーコース◆

<今回のコース>

箱根までの移動は片道 約2時間半。途中、平塚PAで15分ほど休憩し、箱根神社・九頭龍神社新宮に到着。1時間自由参拝。その後、元箱根へ移動し、11時20分から12時45分まで昼食を兼ねた自由散策。13時に箱根園へ移動し、九頭龍神社本宮を参拝。15時に鈴廣かまぼこの里へ移動しお買いもの。帰りは18時ごろ新宿へ到着です。

*休憩するSAは道路状況などによって異なります。

中元千恵子

ツアーに参加するには 箱根神社と九頭竜神社のバスツアーはこちら

▲このページのTOPに戻る